Men Hair Problem

昔からある悩み

世界と日本の薄毛の歴史

人類は古来の昔から薄毛と戦っていた歴史があります。古代エジプトの遺跡の中からは、髪の毛を生やすために使ったと思われる育毛剤が発見されています。当時の育毛剤は動物や植物からとった油などが使用されていたそうです。また、かつらをかぶったミイラも発見されており、その当時から髪の毛が少ないことを気にしている男性がいたことがうかがえます。 日本でも育毛剤の歴史は古く、室町時代にはすでにあったそうです。また、侍の時代になると男性は髪の毛をそってちょんまげを結うことになりますが、その時代でも薄毛に悩んでいる人がいて育毛剤が使用されていたそうです。人類が歴史に誕生した当初から現在まで、薄毛は男性の共通の悩みだったのです。

多く出回っているシャンプーや育毛剤

今は育毛剤や発毛シャンプーなどをよく見かけるようになっています。発毛効果があるシャンプーはコマーシャルを通して一気に知名度が上がっています。また、発毛クリニックもあり、医師の指導のもとで薄毛治療を行えるようになっています。 男性ホルモンの分泌を抑える成分が配合されている発毛シャンプーもあります。男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンの関係で起こることが解明されており、その研究結果から生まれたシャンプーです。長期間使用することでホルモンバランスが整い、髪の毛が生まれやすくなる効果があります。 大昔とは違って、そうした科学的な立場から研究・開発された育毛剤やシャンプーがこれからも誕生していくものと思われます。